足、大切にしていますか?

足は、命を支える土台。



ヨガをしていると、自分の足を見ること多いのです。
私の足は、小指が寝ている、寝指で、
しかも内反小趾といって、小指が内側を向いています。

それって、小指に力が入らないってことだよなぁ、と。
やっぱり、足に不可がかかるバランスポーズは苦手です。

それと、O脚が昔から気になっています。


この足をどうにかしたい!
どうしたら改善できるんだろう、

そんなことを考えていろいろ調べました。



『足』について、もっと知りたいなぁと思って
ゆびのば体操などで知られている
みらいクリニック院長、今井先生の『カラダの土台を学ぶ「足育」セミナー 』に参加してきました。


とてもわかりやすく、どれだけ足が大事なのか、熱のあるセミナーで、どんどん入ってきました。



『足』
足の指。足裏のアーチ。
という、身体を支える土台がちゃんとしているって、本当に大切なことなんです。

理想は、しっかりと開く指先が広がった足。


その土台がしっかりしていないと、
他がフォローしようと頑張ってしまいます。

腰、膝、背中…
負担になって、悲鳴をあげる。
そこに不調、痛みが現れます。

その根本原因は、『土台である足』にあるんじゃないのか、と。

でも、症状のあるところだけを見て、なかなかそこには目がいかないものです。




歩き方もそうです。

見せてもらった映像では、杖をつかないと歩けなかったおばあちゃんが、スタスタ歩いて歩いていました。


歩けるって、当たり前のようだけれど、とても幸せなことだと思います。

そのためには、『足』を見直すこと。









ヨガのアーサナも、まずは土台が大事なんですよね。

地面にどっしりと根付く、しっかりと安定した土台。

ヨガでも、まずはそこから伝えることをやってみようと思います。







写真は歩き始めて約7か月の息子の足です。先に向けてしっかりと広がった指。

ご自分の足、ちょっと見てみてくださいね!







#サンタニアyoga 
#西荻窪ヨガ 
#足は土台 
#ゆびのば 
#アーチ型の足
#あるける 
#ママヨガ 
#きほんのヨガ 
#体の土台 
#足育セミナー

西荻窪の小さなヨガ教室 サンタニア

西荻窪のカフェなどをお借りしてヨガ教室を開催しています。しなやかに心地よく暮らす。そこにはヨガがあります。1歳のやんちゃぼうずを育てるママヨギーニのそんな日常のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000