あたたかな おばあちゃんの話




「私もママだったからね…。」
そんな言葉で涙がでてきました。




道で大泣きする息子を抱えて困り果てていたところを、通りかかったおばあちゃんに助けていただきました。



ベビーカーに乗りたくない。
手を繋いで歩きたくない。
抱っこされたくない。
おやつも、お水も、絵本もダメ。

息子の希望はただひとつ。
パイパイ!パイパイ!うわぁ〜〜!!

しかも最悪なことに抱っこ紐を忘れてきててしまって…。




とりあえず、駅の授乳室までたどり着きたい!!
片手で暴れる子供を抱っこして、片手でベビーカーを押して。


駅までの帰り道
大通りの道端で息子と格闘していました。


なかなか進めずにいたら、
80代くらいのおばあちゃんが声をかけてくれました。


暑いからね〜!!
赤ちゃんも嫌になっちゃうわよね〜!
なんて言いながら。

ベビーカーを押して一緒に歩いてくださったんです。




恐縮する私に、

私もママだったから。
わかるわよ。
大丈夫よ〜!   と。



もう、泣きそうになりました。
というか、ポロポロ涙が出てきました。









駅までの道のり、10分ほどでしょうか。


おばあちゃんには、駅までの用事なんて、
なかったかもしれない。
どこかで曲がる予定だったかもしれない。

それなのに、

あんな暑い中、ずっと一緒に歩いて、励ましくださったことに本当に感謝しています。





子供を連れて歩いていると、
おばあちゃんや、たまにおじいちゃん、
大先輩方に声をかけてもらうことがとっても多いなと感じます。

電車でクズっているときも、優しく声をかけられるとご機嫌になる息子。

お疲れ様ね
大変よね
頑張ってね

そんな優しい言葉をかけていただいたことが何度も何度もあります。
その度にとても心があたたかく、気持ちがす〜っと楽になるのを感じます。



おばあちゃんたちの世代は、今の子育てなんかより、きっともっとご苦労があったんだろうなと思います。

 東京は他人に無関心なイメージがありますが、実はそんなふうに子育て中の私たちを見守ってくださる、あたたかな大先輩方たくさんいるんです。


電車の中や街の中でお会いした、
きっともう出会うことのない方々。

ありがとう と、伝えても伝えきれないな、と思います。




このご恩は、また違う誰かにお返ししていこうと。
どうかたくさんのママ達が笑顔で過ごせるように。





◽️◽️◽️◽️◽️◽️◽️◽️


きほんのヨガ/ママヨガ 

火曜日、土曜日に
西荻窪でこじんまりと開催中です。
出来るだけ笑顔で過ごしたいなぁと思う子育て中のママさん、一緒にヨガしませんか。🧘‍♀️

◽️◽️◽️◽️◽️◽️◽️◽️

西荻窪の小さなヨガ教室 サンタニア

西荻窪のカフェなどをお借りしてヨガ教室を開催しています。しなやかに心地よく暮らす。そこにはヨガがあります。1歳のやんちゃぼうずを育てるママヨギーニのそんな日常のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000