春をむかえる・・アーユルヴェーダ


鼻のむずむずや目のかゆみが早速出てきてます・・・
先日のヨガ教室では、こんな声もちらほら。

風は冷たいですが、日差しは春に変わってきましたね。



春に、花粉症の悩み、体のだるさや重さなどの不調が出やすい方、いらっしゃいませんか??



そんな時にオススメしたいことがいくつかあります。

アーユルヴェ―ダの目線からの、春を快適に過ごせる方法をいくつか。


・体を冷やさない
・体をしっかり動かす
・食べすぎない
・重たい質のものや脂っこい食事を控える(チョコレートなども)
・辛味や苦味、渋味が強めの食材やスパイスを食事に取り入れる。



こんなことを日々の生活に取り入れることで、身体のバランス整えて、不調を軽減することができます。

アーユルヴェーダでは冬の過ごし方が春に影響してくると教えます。
そう、前の季節をどのように過ごしたか。それが次の季節の身体や心に影響するんだよ、と。


春を迎えようとしている今、重たくならないような生活を心がける。そんなことが大事です。


「軽」「動」などがキーワードですね!

ヨガやランニング、散歩など、身体を動かすことをぜひ。


春には、ふきのとうや菜の花など、少し苦味のある野菜が旬を迎えますよね。
これも理にかなっているなぁと思います。



難しいことではないので、ぜひ試してみてくださいね!!





軽快に動ける身体と心で、
暖かな日差しと共に気持ち良い春をおむかえください。



西荻窪の小さなヨガ教室 サンタニア

西荻窪のカフェなどをお借りしてヨガ教室を開催しています。しなやかに心地よく暮らす。そこにはヨガがあります。1歳のやんちゃぼうずを育てるママヨギーニのそんな日常のあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000